不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース5/28、引き続き倒産が多い

週刊不景気ニュース5/28、引き続き倒産が多い

週刊不景気ニュース5/28、引き続き倒産が多い

5月22日から28日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。前週に引き続き倒産の話題が多い1週間となりました。

破産(準備含む)により倒産したのは、愛知の給食製造「豊田食品」、東京の不動産仲介「リョウシンホーム」、東京のテレマーケティング「ALIKEソリューションズ」、茨城の印刷業「アレス」、北海道のシステム開発「アイビーエス」、長野の機器加工「キクイチ」、東京のスプリング製造「荒井スプリング工業所」、東京の貝類加工「多磨留産業」、大阪の幼児教育施設運営「Clover」、秋田の食品会社「進藤とうふ店」、愛知の自動車用タイヤ販売「ウッドベルジャパン」、福井の建築業「リブプランニング」となりました。

また、愛媛の製造受託サービス「TY商事」が特別清算の開始決定を受けたほか、海外ではアメリカの衣料品小売チェーン「rue21」が破産法第11章を申請しました。

一方、香港の航空会社「キャセイパシフィック航空」が600名を削減するほか、千葉の「成田エクセルホテル東急」が来年1月で営業終了し、「パイプドHD」がクラウド会計事業から撤退すると発表しました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事