不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース5/21、倒産の話題が多い1週間

週刊不景気ニュース5/21、倒産の話題が多い1週間

週刊不景気ニュース5/21、倒産の話題が多い1週間

5月15日から21日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産の話題が多い1週間となりました。

破産手続(準備含む)により倒産したのは、山梨の植物工場運営「中央商事」、東京の精密部品製造「松井精機」、島根の水産品加工「雲川物産」、東京の結婚式プロデュース「マネジメントコード」、東京の携帯電話向けコンテンツ制作「プロデュース・アソシエーション」、大阪のレーザー・超音波加工「シープアート」、秋田の温泉旅館「富士屋ホテル」、大阪の靴店経営「シューズ オットー」となりました。

また、山梨の建設業「近藤工業」が民事再生法の適用を申請し、大分の元スーパー経営「オーケー」と、宮城の木材加工「石巻住宅資材センター」が特別清算の開始決定を受けました。

一方、人員削減を発表したのは、映像コンテンツ制作の「ディー・エル・イー」で20名、音響機器製造の「ティアック」で50名となりました。また、「西武・そごう武蔵小杉SHOP」と「丸井川崎店」がそれぞれ閉店を発表しました。

そのほか、赤字業績を発表したのは、居酒屋チェーンの「ワタミ」、電機大手の「東芝」、電機機器製造の「船井電機」、カメラ用品販売の「キタムラ」、栄養補給食品販売の「シャクリー・グローバル・グループ」などとなりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事