不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース5/14、赤字決算の発表が相次ぐ

週刊不景気ニュース5/14、赤字決算の発表が相次ぐ

週刊不景気ニュース5/14、赤字決算の発表が相次ぐ

5月8日から14日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。赤字決算の発表が多い1週間となりました。

破産申請(準備含む)により倒産したのは、神奈川のプラスチック油化装置製造「ブレスト」、東京のソフトウェア開発「日本校文館」、東京のスポーツ用品店「アートスポーツ」、東京の芸能事務所「タレントユニオン」、東京の婦人服製造「ジュネビビアン」となりました。

一方、コンビニエンスストアの「スリーエフ」が希望退職者募集で180名の人員削減、「NTTぷらら」がMVNOサービス「ぷららモバイルLTE」を終了、プラントのメンテナンスを手掛ける「新興プランテック」がタイ事業から撤退、繊維商社の「GSIクレオス」が債権取立不能のおそれ、物流業の「遠州トラック」が子会社「中国遠州コーポレーション」を解散、菓子メーカーの「カルビー」が子会社「カルビー・イベリア」を解散するとそれぞれ発表しました。

そのほか、赤字業績を発表したのは、プラスチック容器製造の「中央化学」、印刷業の「廣済堂」、家具販売大手の「大塚家具」、遊技機開発の「フィールズ」、石油プラント関連装置製造の「ナガオカ」、研究用試薬開発の「免疫生物研究所」、音響機器製造の「オンキヨー」、非鉄金属製錬の「住友金属鉱山」、地図出版の「昭文社」、タッチパネル製造の「日本写真印刷」、大手エンジニアリング業の「千代田化工建設」、メガネ販売チェーンの「三城ホールディングス」などとなりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事