不景気.com > 海外リストラ > 新興プランテックがタイ事業から撤退、受注競争激化で

新興プランテックがタイ事業から撤退、受注競争激化で

新興プランテックがタイ事業から撤退、受注競争激化で

東証1部上場で各種プラントのメンテナンス・エンジニアリングを手掛ける「新興プランテック」は、49%出資子会社「SHINKO PLANTECH」(タイ)の事業撤退を決定したと発表しました。

2011年に同子会社を設立し、東南アジアを中心とする海外事業の拡充を目指したものの、大型案件における採算の悪化や受注競争の激化で業績が低迷しており、今後の収益改善も見込めないことから、事業継続を断念し今回の決定に至ったようです。

今後は、現地法令に則り、同子会社の解散および清算手続を進める予定で、この撤退に伴う連結業績への影響は軽微とのことです。

海外連結子会社の事業撤退に関するお知らせ:新興プランテック

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事