不景気.com > 国内リストラ > パイプドビッツがクラウド会計事業から撤退、競争激化で

パイプドビッツがクラウド会計事業から撤退、競争激化で

パイプドビッツがクラウド会計事業から撤退、競争激化で

東証1部上場で情報資産管理が主力の「パイプドHD」は、連結子会社の「パイプドビッツ」が手掛けるクラウド会計事業から撤退すると発表しました。

対象となるのは「ネット de 会計」および「ネット de 青色申告」サービスで、同社は2011年9月に当該事業を譲受しクラウド会計事業に参入したものの、近年は参入業者の増加などから厳しい競争が続いており、システムなど機能面の競争力が相対的に低下していることから、今後の事業拡大は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

なお、事業廃止日は2018年5月31日の予定で、利用者を対象にマネーフォワード社が提供する「MFクラウド会計」および「MFクラウド確定申告」へのテータ移行の支援を行うとのことです。

一部事業からの撤退に関するお知らせ:パイプドHD

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事