不景気.com > 不景気ニュース > 丸井川崎店が18年1月で閉店、1988年に開業

丸井川崎店が18年1月で閉店、1988年に開業

丸井川崎店が18年1月で閉店、1988年に開業

東証1部上場のファッション小売「丸井グループ」は、JR川崎駅前にある「丸井川崎店」を2018年1月末で閉店すると発表しました。

1988年に開業の同店は、JR川崎駅東口前の商業ビル「川崎ルフロン」の1階から7階に入居し、ルフロンの核テナントとして、また、東口駅前の中心的な商業施設の一つとして営業してきました。

しかし、2006年に西口直結のショッピングセンター「ラゾーナ川崎」がオープンすると、その後は競争激化や客足の減少で業績が悪化したため、売場面積の縮小などのテコ入れ策を実施し生き残りを目指したものの、売上の減少は止められず、やむなく閉店の決定に至ったようです。

なお、この施策に伴う関連費用として、2017年3月期に12億円の特別損失を計上したとのことです。

2017年3月期決算補足資料:丸井グループ

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事