不景気.com > 赤字決算 > 日揮の17年3月期は230億円の最終赤字へ、中東の工事で

日揮の17年3月期は230億円の最終赤字へ、中東の工事で

日揮の17年3月期は230億円の最終赤字へ、中東の工事で

東証1部上場でプラント建設などのエンジニアリング業「日揮」は、2017年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が230億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2017年3月期通期連結業績予想:日揮

売上高営業損益純損益
前回予想 6600億円 △95億円 △170億円
今回予想 6900億円 △220億円 △230億円
前期実績 8799億5400万円 496億6100万円 427億9300万円

売上高は前回予想を上回ると見込むものの、中東の石油精製プラント建設工事において、労働者のビザ発給に時間を要したことや工事体制を変更したことから、納期の遅延による工事費用の増加を見込むことに加え、国内の新規分野関連プロジェクトにおける採算の悪化も重なり、営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:日揮

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事