不景気.com > 赤字決算 > ゼネラル・オイスターの17年3月期は7億円の赤字、疑義注記

ゼネラル・オイスターの17年3月期は7億円の赤字、疑義注記

ゼネラル・オイスターの17年3月期は7億円の赤字、疑義注記

東証マザーズ上場で牡蠣レストラン経営の「ゼネラル・オイスター」は、2017年3月期決算短信を発表し、当期純損益が7億4400万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2017年3月期通期連結業績:ゼネラル・オイスター

売上高営業損益純損益
17年3月期 38億6800万円 △4億6100万円 △7億4400万円
前期実績 38億9300万円 △3億4200万円 △4億8600万円
次期予想 未定 未定 未定

新規出店の開業費用が嵩んだことや、既存店の収益回復が遅れていることに加え、不採算店舗の閉鎖に伴う店舗閉鎖損失として1億円、固定資産の減損損失として5億900万円のそれぞれ特別損失を計上したことから、営業損益・純損益ともに赤字継続となりました。

また、2期連続で赤字を計上するなど業績が悪化していることから、「継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような状況が存在している」との注記も加えました。

2017年3月期決算短信:ゼネラル・オイスター

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事