不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース4/23、倒産関連の話題が多く

週刊不景気ニュース4/23、倒産関連の話題が多く

週刊不景気ニュース4/23、倒産関連の話題が多く

4月17日から23日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産の話題が多い1週間となりました。

破産(準備含む)により倒産したのは、福岡の太陽光関連事業「ZEN POWER」、京都の文房具販売「京都ベストビジネス」、長野の旅館経営「河昌」、東京の美容室経営「HAIR DIMENSION」、東京のビデオゲーム周辺機器販売「マッドキャッツ」、福島の金属部品加工「広野製作所」、秋田の事務機器販売「岡太屋」、兵庫の産業廃棄物収集運搬「針谷商店」となりました。

また、東京の着物学校運営「装いの道」と、大阪の学校法人「森友学園」が民事再生法の適用を申請しました。

一方、リストラ関連では、半導体商社の「三信電気」が50名の人員削減を発表したほか、時計製造の「リズム時計工業」が海外ウォッチ販売事業から撤退すると発表しました。

そのほか、赤字業績を発表したのは、遺伝子研究・解析の「DNAチップ研究所」、カーエアコン製造の「サンデンホールディングス」、コンクリート二次製品製造の「イトーヨーギョー」などとなりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事