不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース4/2、大型倒産の話題多く

週刊不景気ニュース4/2、大型倒産の話題多く

週刊不景気ニュース4/2、大型倒産の話題多く

3月27日から4月2日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。大型倒産が続いた1週間となりました。

破産申請(準備含む)により倒産したのは、東京の旅行代理業「てるみくらぶ」と関連会社の「自由自在」、東京のゲーム開発「ディンゴ」、東京の旅行代理業「東京さくらツーリスト」、大阪の給食会社「双葉給食」、東京の太陽光発電「電現ソリューション」、神奈川の探偵事務所「アンエージェンシー」、東京の洋菓子製造「ジーゲスクランツ」となりました。

また、静岡の木材加工「TM」が特別清算を申請し、パナソニックの子会社「MT映像ディスプレイ」が特別清算申請の見込みを発表、海外では東芝の子会社「ウェスチングハウス」が破産法第11章を申請しました。

一方、ニッケル事業の「エス・サイエンス」が環境事業から撤退し、繊維製品卸の「堀田丸正」が子供服のブランド事業から撤退、また、物流会社の「タカセ」は希望退職者募集に44名が応募したと発表しました。

上場企業関連では、産業機械メーカーの「郷鉄工所」が債務免除に係る監理銘柄(確認中)の指定を受けたほか、ホテル事業の「レッド・プラネット・ジャパン」が4期連続赤字で、医薬品開発の「UMNファーマ」が債務超過でそれぞれ猶予期間入り銘柄に指定されました。

そのほか、赤字業績を発表したのは、建設業の「東亜建設工業」、バイオベンチャーの「ジーンテクノサイエンス」、衣料品販売の「ライトオン」、バッグ・ジュエリー製造・販売の「サマンサタバサジャパンリミテッド」などとなりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事