不景気.com > 国内倒産 > 「装道礼法きもの学院」運営の「装いの道」が民事再生申請

「装道礼法きもの学院」運営の「装いの道」が民事再生申請

「装道礼法きもの学院」運営の「装いの道」が民事再生申請

東京都文京区に本拠を置く着物学校運営の「装いの道株式会社」は、4月14日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1964年に設立の同社は、着物学校「装道礼法きもの学院」の運営を手掛け、東京本校・仙台校・横浜校・名古屋校・大阪校・広島校・福岡校および認可教室を全国各地に展開するほか、関連図書の出版や和装肌着・小物の製造・販売を行うなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷や呉服市場の縮小に伴い、教室運営では生徒数の減少が続いているほか、物販の売上も減少の一途を辿るなど業績が悪化したため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると、負債総額は約11億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事