不景気.com > 企業不況 > シャープが取立不能のおそれ、取引先の米2社破綻で

シャープが取立不能のおそれ、取引先の米2社破綻で

シャープが取立不能のおそれ、取引先の米2社破綻で

東証2部上場の電機大手「シャープ」は、アメリカの連結子会社「Sharp Electronics」が保有する債権について取立不能のおそれが生じたことを明らかにしました。

これは、取引先の家電販売業「HH Gregg Appliances」と、企業向け販促・イベント企画の「US Motivation」(ともにアメリカ)が会社更生手続を申請したための措置で、それぞれの債権額は売掛金11万5000ドル(約1300万円)と前払金37万ドル(約4100万円)の見込みです。

なお、当該債権については引当済みのため、業績に与える影響は軽微とのことです。

HH Gregg Appliancesに対する債権の取立不能のおそれ:シャープ
US Motivationに対する債権の取立不能のおそれ:シャープ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事