不景気.com > 赤字決算 > 丸栄の17年2月期は9億円の最終赤字、TOBで上場廃止へ

丸栄の17年2月期は9億円の最終赤字、TOBで上場廃止へ

丸栄の17年2月期は9億円の最終赤字、TOBで上場廃止へ

東証・名証1部上場の百貨店「丸栄」は、2017年2月期決算短信を発表し、当期純損益が8億9500万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2017年2月期通期連結業績:丸栄

売上高営業損益純損益
17年2月期 186億1200万円 △4億8500万円 △8億9500万円
前期実績 208億300万円 △2億7800万円 △5億6400万円
次期予想 未定 未定 未定

インバウンド消費の伸び悩みに加え、主力となる衣料品販売の不振で厳しい環境が続いており、また、売場改装の効果も想定を下回っているため、営業損益・純損益ともに赤字継続となりました。

なお、「丸栄」の普通株式69.31%を保有する親会社の「興和」は、「丸栄」の全株式を取得し完全子会社化する予定で、それに伴い「丸栄」は上場廃止となる見込みです。

2017年2月期決算短信:丸栄

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事