不景気.com > 赤字決算 > 近畿日本ツーリストの17年3月期は13億円の最終赤字へ

近畿日本ツーリストの17年3月期は13億円の最終赤字へ

近畿日本ツーリストの17年3月期は13億円の最終赤字へ

東証1部上場で大手旅行代理店の「近畿日本ツーリスト」を傘下に持つ「KNT-CTホールディングス」は、2017年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が13億5000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2017年3月期通期連結業績予想:KNT-CTホールディングス

売上高営業損益純損益
前回予想 4040億円 24億円 12億円
今回予想 3960億円 29億円 △13億5000万円

*2016年3月期は3ヶ月の変則決算のため、前期実績値の記載はありません。

テロの影響による海外旅行の不振や、相次ぐバス事故によるバス旅行離れ、地震など自然災害による国内旅行の低迷などから、個人旅行を中心に売上が落ち込んでいることに加え、ソフトウェアにかかる減損損失として38億2900万円の特別損失を計上するため、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:KNT-CTホールディングス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事