不景気.com > 国内リストラ > 川崎重工が国内造船を3割縮小、中国シフトへ

川崎重工が国内造船を3割縮小、中国シフトへ

川崎重工が国内造船を3割縮小、中国シフトへ

東証・名証1部上場の重機大手「川崎重工業」は、商船建造事業の国内規模を現状比で約3割縮小し、商船建造の軸足を中国へシフトすると発表しました。

神戸工場(兵庫県神戸市)での商船建造を止め、坂出工場(香川県坂出市)に集約するとともに、坂出工場の2ドック体制を1ドック体制へ縮小する予定です。

一方、新規設備投資は中国の合弁会社に限定し、また、日本からの指導員派遣や中国からの研修生の受け入れなど、中国への技術移転も積極化させる方針です。

造船受注の減少などから多額の損失を計上するなど厳しい環境が続いているほか、海運市況の回復が不透明な状況のため今回の決定に至ったようです。

船舶海洋事業の構造改革について:川崎重工業

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事