不景気.com > 国内倒産 > ゲーム開発の「ガラット」に破産開始決定、負債1億円

ゲーム開発の「ガラット」に破産開始決定、負債1億円

ゲーム開発の「ガラット」に破産開始決定、負債1億円

信用調査会社の東京商工リサーチによると、東京都台東区に本拠を置くゲーム開発の「ガラット株式会社」は、4月19日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

2009年に設立の同社は、スマートフォンやゲーム専用機向けゲームの企画・制作を主力に事業を展開するほか、3Dを活用したデジタルサイネージやイメージキャラクターの企画・制作も行い、直近ではiOS向けゲームの「ぶっつけダンジョン」や「魔法少女大戦 Lock On!」、PS Vita向けゲームの「VENUS PROJECT」や「魔法少女大戦 ZANBATSU」の配信・運営を手掛けていました。

しかし、他ゲームアプリとの競争激化やアイテム課金の伸び悩みで売上が低迷したほか、受託制作における受注の落ち込みで業績が悪化したため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約1億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事