不景気.com > 海外倒産 > 東芝子会社「ウェスチングハウス」が破産法申請、負債1兆円

東芝子会社「ウェスチングハウス」が破産法申請、負債1兆円

東芝子会社「ウェスチングハウス」が破産法申請、負債1兆円

アメリカのペンシルバニア州に本拠を置く原子力関連業の「ウェスチングハウス・エレクトリック・カンパニー」は、3月29日付でニューヨーク州連邦破産裁判所へ破産法第11章(日本の民事再生法に相当)を申請したことが明らかになりました。

アメリカの電機メーカー「ウェスチングハウス・エレクトリック」の一部門として設立され、その後は買収・統合などを経て、2006年に「東芝」が買収し子会社化、主にアメリカ国内の原子炉・原子力発電所の建設や、原子力燃料関連の販売を主力に事業を展開していました。

しかし、アメリカの原子力サービス「CB&I ストーン・アンド・ウェブスター」の買収に絡み、進行中の原子力発電所2サイト4基の建設計画において、61億ドルにのぼる建設コストの増加が判明したことから、大幅な損失を計上する見込みとなったため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

2016年12月末時点の負債総額は約98億1100万ドル(約1兆900億円)です。なお、再生手続の開始に伴い、ウェスチングハウスは東芝の連結対象から外れることになります。

当社海外連結子会社ウェスチングハウス社等の再生手続の申立について:東芝

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事