不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース3/26、倒産や赤字業績の発表多く

週刊不景気ニュース3/26、倒産や赤字業績の発表多く

週刊不景気ニュース3/26、倒産や赤字業績の発表多く

3月20日から26日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産や赤字業績の発表が多い1週間となりました。

破産決定を受け倒産したのは、石川の建材製造「北陸ブロック」、長野の貴金属販売「信濃アクセサリー」、神奈川の警備業「首都圏」となり、また、静岡の旅館経営「天城自然公園」が民事再生法の適用を申請し、東京のシステムキッチン販売「エスアンドエイチジャパン」が特別清算の開始決定を受けました。

一方、システム開発の「デジタルデザイン」が佐賀県みやき町の関連事業から撤退し、製紙業の「特種東海製紙」が横井工場を閉鎖、電子看板・レジスター製造の「TBグループ」が債権取立不能のおそれを表明、婦人服メーカー「東京ソワール」の希望退職者募集に25名が応募したと発表しました。

そのほか、赤字業績を発表したのは、「ふくおかフィナンシャルグループ」、工作機械メーカーの「OKK」、鋳鍛鋼・産業機械製造の「日本製鋼所」、業務用放送機器大手の「池上通信機」などとなりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事