不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース3/19、倒産や東芝の監理銘柄指定など

週刊不景気ニュース3/19、倒産や東芝の監理銘柄指定など

週刊不景気ニュース3/19、倒産や東芝の監理銘柄指定など

3月13日から19日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産の話題が多い1週間となりました。

破産申請(準備含む)により倒産したのは、神奈川の産業廃棄物収集運搬「ベイ・ガーデン」、東京の大型プリンター製造「ルキオ」、徳島のプレス金型製造「三宅機工」、元上場の半導体検査装置製造「レイテックス」、東京の新電力発電「日本新電力」、元プロバスケットボールチーム運営の「東京バスケットボール・プロモーション」、東京の出版業「可成屋」、東京の婦人服製造・販売「トワメーム」となりました。

また、山梨のゴルフ場運営「花咲カントリー倶楽部」と、神奈川の予備校経営「モアアンドモア」が民事再生法の適用を申請したほか、横浜の元・中華料理店経営「平川物産」が特別清算の開始決定を受けました。

一方、電機大手の「東芝」が、内部管理体制の不備を理由として監理銘柄(審査中)に指定されました。

そのほか、赤字業績を発表したのは、ペンタブレット製造大手の「ワコム」、食品加工の「カネ美食品」、自動車部品メーカーの「東海理化電機製作所」、化学材料製造の「戸田工業」などとなりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事