不景気.com > 不景気ニュース > 茨城の地方紙「常陽新聞」が休刊、購読者数伸び悩み

茨城の地方紙「常陽新聞」が休刊、購読者数伸び悩み

茨城の地方紙「常陽新聞」が休刊、購読者数伸び悩み

茨城県のつくば市・土浦市を中心に発行する地方紙「常陽新聞」は、3月31日をもって本紙および電子版を休刊すると発表しました。

旧・常陽新聞が2013年8月に廃刊したのを受け、2014年2月に新創刊した同紙は、地元ニュースを中心に構成する地域密着の日刊紙(日曜休刊)で、県南地域にて約3000部を発行していました。

しかし、購読者数の伸び悩みなどから、月間数百万円の赤字を計上するなど厳しい環境が続いているため、これ以上の発行継続は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

なお、従業員18名については、その全員から希望退職者募集への応募があり、円満な事業休止に協力を得ているとのことです。

本紙・電子版、3月31日付で休刊します | 常陽新聞

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事