不景気.com > 海外倒産 > 米ブランド「BCBG Max Azria」が破産法第11章を申請

米ブランド「BCBG Max Azria」が破産法第11章を申請

米ブランド「BCBG Max Azria」が破産法第11章を申請

アメリカのアパレルメーカー「BCBG Max Azria Group」は、2月28日付でニューヨーク州南部の連邦破産裁判所へ破産法第11章(日本の民事再生法に相当)を申請したと発表しました。

1989年に設立の同社は、ヨーロッパとアメリカのセンスを併せ持つファッションブランド「BCBG Max Azria」の展開を主力とし、日本をはじめとする世界各地に進出するほか、1998年にはファッションブランド「Herve Leger」を買収するなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みや、他社ブランドとの競争激化により業績が悪化したため、事業再生には債務の削減が必要と判断し今回の申請に至ったようです。今後は、同法の下でブランドの売却や他社との合併、資産の売却を検討していく予定で、それに先駆け、同社ではアメリカ国内において120店舗の閉鎖を決定しています。

裁判所への提出書類によると、負債総額は1億ドルから5億ドル(約114億円から570億円)です。

BCBGMAXAZRIAGROUP

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事