不景気.com > 国内倒産 > 長崎の漬物製造「馬場長六商店」が破産へ、負債4億円

長崎の漬物製造「馬場長六商店」が破産へ、負債4億円

長崎の漬物製造「馬場長六商店」が破産へ、負債4億円

長崎県佐世保市に本拠を置く老舗の漬物製造業「株式会社馬場長六商店」は、3月1日までに事業を停止し、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1919年(大正8年)に創業の同社は、長崎・佐賀の漬物問屋や九州域内の量販店を主な取引先として、漬物・佃煮・みそ・醤油などの製造・卸を手掛け、1978年には佐賀県武雄市に営業所を開設するなど事業を拡大していました。

しかし、漬物市場の縮小に伴い売上が減少すると、その後も需要減などから厳しい業績が続いたため、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

東京商工リサーチなどによると、負債総額は約4億7000万円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事