不景気.com > 国内倒産 > 静岡・河津の旅館経営「天城自然公園」が民事再生法申請

静岡・河津の旅館経営「天城自然公園」が民事再生法申請

静岡・河津の旅館経営「天城自然公園」が民事再生法申請

静岡県河津町に本拠を置く旅館経営の「天城自然公園株式会社」は、3月21日付で静岡地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1959年に設立の同社は、河津七滝・大滝温泉にて温泉旅館「天城荘」を経営し、同旅館は自家源泉5本を有する豊富な温泉や、伊豆石を使った内風呂に加え、映画「テルマエ・ロマエ」のロケにも使用されるなど高い知名度を誇っていました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みに加え、同業他社との競争激化も重なり資金繰りが逼迫したため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

なお、旅館向けソフトウェア開発などを手掛ける「株式会社リバティ」(静岡県静岡市)が再生支援に手を挙げ、4月1日より同社のもとで営業が継続される予定です。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事