不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース2/12、倒産や赤字業績の発表多く

週刊不景気ニュース2/12、倒産や赤字業績の発表多く

週刊不景気ニュース2/12、倒産や赤字業績の発表多く

2月6日から12日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産や赤字業績の発表が多い1週間となりました。

破産申請(準備含む)により倒産したのは、福井の縫製業「小林縫製」、東京の元・プロレス興行「ピーアールエヌ」(旧・プロレスリング・ノア)、山形の製材業「柿崎製材所」、岡山の医薬品卸「日本医薬品中国販売」、東京の出版取次「日本地図共販」となりました。

また、大阪の元・寝装品メーカー「フォレスト不動産」(旧・森下興産)が特別清算の開始決定を受け、岐阜のゴルフ場経営「東濃開発」と、静岡の「音代漁業」が民事再生法の適用を申請しました。

一方、事業閉鎖・撤退などでは、事務機器大手の「リコー」が埼玉事業所を閉鎖、証券金融の「中部証券金融」が自主廃業、製薬業の「第一三共」が子会社「アスビオファーマ」を閉鎖、銅管製造の「新家工業」がステンレスリム製品を生産中止、電機大手の「シャープ」が子会社「SDフューチャーテクノロジー」を解散、運送業の「センコン物流」が債権取立不能のおそれをそれぞれ発表しました。

そのほか、赤字業績を発表したのは、炭素製品大手の「日本カーボン」、展示会企画・運営の「博展」、工作機械メーカーの「豊和工業」、非鉄金属大手の「住友金属鉱山」、印刷業の「廣済堂」、半導体開発の「ディジタルメディアプロフェッショナル」、製紙大手の「日本製紙」、発動機製造の「神戸発動機」、電子部品製造の「松尾電機」、特殊印刷の「日本写真印刷」、エンジニアリング大手の「千代田化工建設」、工作機械製造の「エンシュウ」、飲食店経営の「グローバルダイニング」、水処理装置製造の「ササクラ」、自動車用安全部品製造の「タカタ」、寿司店経営の「カッパ・クリエイト」などとなりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事