不景気.com > 赤字決算 > UMNファーマの16年12月期は137億円の赤字へ、協業断念

UMNファーマの16年12月期は137億円の赤字へ、協業断念

UMNファーマの16年12月期は137億円の赤字へ、協業断念

東証マザーズ上場で医薬品開発の「UMNファーマ」は、2016年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が137億6600万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2016年12月期通期連結業績予想:UMNファーマ

売上高営業損益純損益
前回予想 8400万円 △33億9100万円 △34億5100万円
今回予想 7100万円 △35億6400万円 △137億6600万円
前期実績 2億200万円 △32億700万円 △33億9000万円

細胞培養インフルエンザワクチンの共同事業において、協業先の「アステラス製薬」が共同事業の解約を決定したことから、国内インフルエンザワクチン供給事業の継続が困難となり、事業整理損として101億5600万円の特別損失を計上するため、純損益は前回予想を大幅に下回る見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:UMNファーマ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事