不景気.com > 赤字決算 > 住友金属鉱山の17年3月期は150億円の最終赤字へ

住友金属鉱山の17年3月期は150億円の最終赤字へ

住友金属鉱山の17年3月期は150億円の最終赤字へ

東証1部上場で非鉄金属製錬や先端材料製造の「住友金属鉱山」は、2017年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が150億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2017年3月期通期連結業績予想:住友金属鉱山

売上高営業損益純損益
前回予想 7140億円 480億円 190億円
今回予想 7750億円 760億円 △150億円
前期実績 8554億700万円 597億2000万円 △3億900万円

チリ共和国の銅鉱山開発プロジェクトを手掛ける持分法適用関連会社の「シエラゴルダ鉱山社」において、足元の操業実績や同価格の推移を考慮し、保有する固定資産の減損損失として799億円の持分法による投資損失を計上するため、純損益は従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:住友金属鉱山

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事