不景気.com > 赤字決算 > 日本通信の17年3月期は21億円の赤字へ、SB網SIMの遅れ

日本通信の17年3月期は21億円の赤字へ、SB網SIMの遅れ

日本通信の17年3月期は21億円の赤字へ、SB網SIMの遅れ

東証1部上場で格安SIMなどの移動体通信サービスを手掛ける「日本通信」は、2017年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が21億6900万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2017年3月期通期連結業績予想:日本通信

売上高営業損益純損益
前回予想 49億7600万円 2億6000万円 2億2400万円
今回予想 26億6000万円 △21億4700万円 △21億6900万円
前期実績 41億900万円 △19億9700万円 △21億5800万円

ソフトバンク網を使う格安SIM事業において、ソフトバンクとの協議が難航したことから、サービス開始時期が当初から約9ヶ月遅れとなる3月22日となったため、売上高は20億円程度の下振れとなり、また、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:日本通信

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事