不景気.com > 赤字決算 > ラオックスの16年12月期は15億円の最終赤字へ、爆買終息で

ラオックスの16年12月期は15億円の最終赤字へ、爆買終息で

ラオックスの16年12月期は15億円の最終赤字へ、爆買終息で

東証2部上場で免税店運営の「ラオックス」は、2016年12月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が15億5000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2016年12月期通期連結業績予想:ラオックス

売上高営業損益純損益
前回予想 650億円 12億5000万円 未定
今回予想 625億円 △9億円 △15億5000万円
前期実績 926億9300万円 85億8600万円 80億7900万円

インバウンド需要の拡大を見込み、新規出店や人材配置など積極的な先行投資を実施したものの、購買単価が大幅に落ち込むなど、訪日外国人の爆買が終息を迎えているため、営業損益・純損益ともに赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:ラオックス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事