不景気.com > 赤字決算 > カメラのキタムラの17年3月期は24億円の最終赤字へ

カメラのキタムラの17年3月期は24億円の最終赤字へ

カメラのキタムラの17年3月期は24億円の最終赤字へ

東証2部上場でカメラ用品販売チェーン「カメラのキタムラ」を展開する「キタムラ」は、2017年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が24億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2017年3月期通期連結業績予想:キタムラ

売上高営業損益純損益
前回予想 1668億円 14億円 6億5000万円
今回予想 1405億円 △16億円 △24億円
前期実績 1542億1900万円 9億4600万円 7000万円

主力のカメラ販売などハード部門において、熊本地震に伴うカメラ・部品メーカーの工場被災により、デジタルカメラなどの減産が続いたことに加え、スマートフォン販売における総務省からの値引規制による影響も重なり、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:キタムラ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事