不景気.com > 海外リストラ > 米百貨店「J.C.ペニー」が140店閉鎖、6000名を削減へ

米百貨店「J.C.ペニー」が140店閉鎖、6000名を削減へ

米百貨店「J.C.ペニー」が140店閉鎖、6000名を削減へ

アメリカの大手百貨店チェーン「J.C.ペニー」は、今後数ヶ月間に不採算の130~140店舗を閉鎖すると発表しました。

また、全従業員の約6%に相当する6000名の希望退職者を募集する予定で、これら施策に伴い2017年上半期に2億2500万ドル(約252億円)のリストラ費用を計上する一方、年間で約2億ドル(約224億円)のコスト削減効果を見込むとのことです。

ネット通販の台頭や消費者の高級品離れなどから厳しい環境が続いているための措置で、同社は2014年初めにも33店舗の閉鎖と2000名の人員削減を実施していました。

JCPENNEY ANNOUNCES PLAN TO OPTIMIZE RETAIL OPERATIONS

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事