不景気.com > 不景気ニュース > 箱根ホテル小涌園が18年1月で営業終了、1959年開業

箱根ホテル小涌園が18年1月で営業終了、1959年開業

箱根ホテル小涌園が18年1月で営業終了、1959年開業

東証1部上場でホテル運営の「藤田観光」は、2018年1月10日をもって、神奈川県箱根町で運営する宿泊施設「箱根ホテル小涌園」の営業を終了すると発表しました。

1959年に開業した同ホテルは、リゾート施設の「箱根小涌園」を代表する宿泊施設として約60年にわたり営業を続けてきたものの、施設が老朽化していることに加え、今年4月に新施設の開業を予定するなど箱根地区の再開発を進めていることから、今回の営業終了を決定したようです。

なお、同施設の営業終了に伴い、2017年12月期第1四半期決算において約12億円の減損損失を計上する予定です。

藤田観光:宿泊施設の営業終了について

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事