不景気.com > 国内倒産 > グルメンピック企画の「大東物産」に破産決定、延期トラブルも

グルメンピック企画の「大東物産」に破産決定、延期トラブルも

グルメンピック企画の「大東物産」に破産決定、延期トラブルも

東京都中野区に本拠を置くイベント企画の「大東物産株式会社」は、2月20日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

2013年に設立の同社は、衣料品・食品の輸出入やイベントの企画・製作を手掛け、2月13日から24日までの日程でグルメイベント「グルメンピック2017」の開催を東京・大阪でそれぞれ企画し、出店者となる500以上の飲食店などから1億円を超える出店料を集めていました。

しかし、1月17日に突如、同イベントの延期を発表したことで動向が注目されると、出店者から支払済みの出店料について返金を求められるなどトラブルが発生し、同社は出店料の返金に応じる態度を示していたものの、残存資金に乏しく返金は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約1億2000万円の見通しで、その大半がグルメンピックの出店者に対するものです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事