不景気.com > 赤字決算 > ディジタルメディアプロフェッショナルの17年通期は3億円の赤字へ

ディジタルメディアプロフェッショナルの17年通期は3億円の赤字へ

ディジタルメディアプロフェッショナルの17年通期は3億円の赤字へ

東証マザーズ上場で半導体開発の「ディジタルメディアプロフェッショナル」は、2017年3月期通期業績予想を下方修正し、当期純損益が3億6000万円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2017年3月期通期連結業績予想:ディジタルメディアプロフェッショナル

売上高営業損益純損益
前回予想 10億円 △1億6100万円 △1億6100万円
今回予想 7億円 △2億7000万円 △3億6000万円
前期実績 7億3300万円 △1億7600万円 △6400万円

アミューズメント業界向け画像処理半導体について、業界の規制強化などから機種選定の遅延や需要の減少が起こっていることに加え、同製品の減損損失として1億600万円の特別損失を計上することから、売上高・営業損益・純損益ともに前回予想を下回る見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:ディジタルメディアプロフェッショナル

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事