不景気.com > 国内リストラ > 第一三共が医薬品研究の「アスビオファーマ」を閉鎖

第一三共が医薬品研究の「アスビオファーマ」を閉鎖

第一三共が医薬品研究の「アスビオファーマ」を閉鎖

東証1部上場の製薬会社「第一三共」は、100%出資子会社の「アスビオファーマ」(兵庫県神戸市)を2018年3月末までに閉鎖すると発表しました。

2009年に設立のアスビオファーマは、主に精神・神経疾患や免疫・炎症疾患、再生医薬を研究領域としているものの、医薬品業界における競争が激化するなか、研究開発コストの削減が急務と判断し今回の決定に至ったようです。

なお、アスビオファーマの研究機能および従業員150名は、グループ内での配置転換にて対応する予定です。

研究開発体制の再編について:第一三共

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事