不景気.com > 国内倒産 > 福島の老人ホーム「とやの福祉会」に再生手続の廃止決定

福島の老人ホーム「とやの福祉会」に再生手続の廃止決定

福島の老人ホーム「とやの福祉会」に再生手続の廃止決定

2016年6月に民事再生法の適用を申請した福島県福島市の老人ホーム・保育園運営「社会福祉法人とやの福祉会」は、1月27日付で福島地方裁判所より再生手続の廃止決定を受けたことが明らかになりました。

1984年に設立の同法人は、保育園の「とやの保育園」「鳥川保育園」や、高齢者向け施設の「あづまの郷」「ケアハウス一風館」「いいざか花桃館」の運営を手掛け、施設利用者数は500名規模を誇るなど事業を拡大していました。

しかし、人件費の負担が大きかったことや、積極的な設備投資が裏目となり資金繰りが逼迫すると、前理事長による運営資金の私的流用が明らかとなり信用が失墜したため、2016年6月6日付で民事再生法の適用を申請し再建を目指したものの、再生計画について債権者からの合意が得られず今回の措置に至ったようです。

今後は破産手続に移行する予定で、民事再生法適用時の負債総額は約16億8000万円です。なお、運営する施設は別法人へ譲渡され運営が継続される見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事