不景気.com > 海外リストラ > 米百貨店「シアーズ」が不採算150店舗を閉鎖

米百貨店「シアーズ」が不採算150店舗を閉鎖

米百貨店「シアーズ」が不採算150店舗を閉鎖

アメリカの小売大手「シアーズ・ホールディングス」は、不採算となっている百貨店「シアーズ」の42店舗と、量販店「Kマート」の108店舗を閉鎖すると発表しました。

閉鎖対象の店舗は、過去1年間で約12億ドル(約1400億円)の売上を計上した一方、同期間で約6000万ドル(約70億円)の損失を計上するなど業績が悪化しているため、抜本的な改革が必要と判断し閉鎖を決定したようです。

また、傘下の工具ブランド「クラフツマン」を7億7500万ドル(約900億円)で売却することも併せて発表し、売却で得る資金を店舗閉鎖や人員削減などの費用に充当する見通しです。

Sears Holdings Announces Steps To Enhance Liquidity, Stabilize Operating Performance

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事