不景気.com > 買収合併 > ライザップが「ジーンズメイト」を買収、赤字が常態化

ライザップが「ジーンズメイト」を買収、赤字が常態化

ライザップが「ジーンズメイト」を買収、赤字が常態化

札証アンビシャス上場でフィットネスジムの「ライザップ」を運営する「RIZAPグループ」は、東証1部上場でカジュアル衣料品チェーンの「ジーンズメイト」を買収すると発表しました。

RIZAPグループは、ジーンズメイトの株式に対し1株160円で株式公開買付(TOB)を実施するほか、ジーンズメイトが実施する第三者割当増資を約6億4500万円で引き受け、最低でも発行済株式の63.99%を取得し子会社化する方針です。

RIZAPグループは、主力のフィットネスジムの運営に加え、婦人服老舗の「馬里邑」や婦人服通販の「夢展望」、雑貨販売の「イデアインターナショナル」、インテリア雑貨の「パスポート」を子会社化するなどアパレルやライフスタイル分野へ事業拡大を図っています。

一方、ジーンズメイトは、ファストファッションなど競合する同業他社との競争激化により、客数・売上ともに不振に陥り赤字が常態化しているため、RIZAPブランドによるテコ入れや豊富な資金投入で業績回復を目指す方針です。

ジーンズメイトとの資本業務提携契約の締結に関するお知らせ:RIZAPグループ

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事