不景気.com > 赤字決算 > 明星電気の17年3月期は4億円の最終赤字へ、無配転落

明星電気の17年3月期は4億円の最終赤字へ、無配転落

明星電気の17年3月期は4億円の最終赤字へ、無配転落

IHIの子会社で東証2部上場の観測機器メーカー「明星電気」は、2017年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が4億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2017年3月期通期連結業績予想:明星電気

売上高営業損益純損益
前回予想 79億円 2億3000万円 1億2000万円
今回予想 72億円 △2億5000万円 △4億円
前期実績 84億5400万円 1億1100万円 1億7200万円

主力の気象防災計測機器における受注の減少に加え、人工衛星観測機器などにおける開発コストの増加や、過去の納入品における不具合対策費用の発生、さらに、繰延税金資産の取り崩しによる税金費用の増加も重なり、営業損益・純損益ともに従来の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

また、通期業績予想の赤字修正を受け、年間配当を無配とすることも併せて明らかにしました。

業績予想の修正に関するお知らせ:明星電気

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事