不景気.com > 国内倒産 > テーマパーク運営の旧「カンドゥージャパン」が特別清算

テーマパーク運営の旧「カンドゥージャパン」が特別清算

テーマパーク運営の旧「カンドゥージャパン」が特別清算

千葉県千葉市に本拠を置くテーマパーク運営の「SNエンタープライズ株式会社」(旧商号:カンドゥージャパン)は、12月19日付で東京地方裁判所より特別清算の開始決定を受けたことが明らかになりました。

2009年に設立の同社は、2013年12月に「イオンモール幕張新都心」(千葉市)のファミリーモール3階にて、子供向け職業体験テーマパークの「カンドゥー幕張新都心」をオープン。同施設は、子供がパイロットや客室乗務員・ファッションモデル・歯科医などの職業体験ができるほか、レストランも併設されており家族連れを中心に人気を得ていました。

しかし、利用者数が伸び悩んだことから業績が悪化すると、施設の設備投資に伴う多額の借入金が資金繰りを逼迫したため、営業継続を目的として、2016年6月に「イオンモール」の100%出資子会社へ事業を譲渡した一方、自らは清算を目的に現商号へ改称し、8月31日付で解散を決議していました。

帝国データバンクおよび東京商工リサーチによると、負債総額は約21億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事