不景気.com > 企業不況 > フード・プラネットが猶予期間入り、25億円の債務超過で

フード・プラネットが猶予期間入り、25億円の債務超過で

フード・プラネットが猶予期間入り、25億円の債務超過で

東京証券取引所は、同2部上場の「フード・プラネット」(旧商号:アジェット、YAMATO)を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。

これは、同社が2016年9月期決算において25億6500万円の債務超過に陥ったための措置で、猶予期間となる2017年9月30日までに債務超過を解消できない場合は上場廃止となります。

同社を巡っては、時価総額に係る猶予期間入り銘柄にも指定されているほか、2016年9月期決算において、経理実務担当者の退職に伴う実務者の人員不足などから、内部統制報告書に重要な不備がある旨を記載するなど、先行きが不透明な状況に陥っています。

上場廃止に係る猶予期間入り:(株)フード・プラネット | 日本取引所グループ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事