不景気.com > 国内倒産 > 福岡・福津の「医療法人大郁会」が民事再生、負債16億円

福岡・福津の「医療法人大郁会」が民事再生、負債16億円

福岡・福津の「医療法人大郁会」が民事再生、負債16億円

福岡県福津市に本拠を置く「医療法人大郁会」は、1月24日付で福岡地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

2001年に設立の同法人は、2015年4月に福岡県福津市にて人工透析・循環器科の「福津中央クリニック」を開院し、その後も産婦人科の「福津中央ウィメンズクリニック」や、小児科・小児内科の「キッズクリニック福津中央」を相次ぎ開院するなど、積極的に事業を拡大していました。

しかし、患者数の伸び悩みなどから赤字が続くなど厳しい環境に陥ると、クリニックの開院に伴う多額の設備投資が裏目となり資金繰りが逼迫したため、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約16億円の見通しです。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事