不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース12/18、事業撤退や解散が多い

週刊不景気ニュース12/18、事業撤退や解散が多い

週刊不景気ニュース12/18、事業撤退や解散が多い

12月12日から18日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。事業撤退や子会社の解散が多い1週間となりました。

破産(準備含む)により倒産したのは、東京のデザイン会社「トライアド」、北海道の美術館運営「北海道伝統美術工芸村」、福岡のパン店経営「麹屋大観」、埼玉の映像制作「グラスオニオン」、愛知の広告制作「海明舎」、滋賀の計量器メーカー「関西精機」、東京の内装工事「上田工舎」、東京のイベント企画・運営「エス・ディー・エフインテグレーション」、東京の建築設計事務所「千代田設計」、静岡の温度計製造「三須計量器製作所」、東京の貿易商社「東光流通」、広島の不動産開発「アイエス」となりました。

一方、事業撤退や閉鎖などでは、「システム・ロケーション」が自動車オークション事業から撤退、「スカパーJSATホールディングス」がJリーグ中継から撤退、超硬工具製造の「冨士ダイス」が門司工場を生産停止、北九州のテーマパーク「スペースワールド」が閉園すると発表しました。

また、光学装置製造の「ウシオ電機」が早期退職優遇制度により100名を削減し、光学機器大手の「ニコン」が希望退職者募集で1000名を削減すると発表しました。

そのほか、子会社の解散を発表したのは、投資支援サービスの「フィスコ」、ケンタッキーフライドチキン展開の「日本KFCホールディングス」、ラジコン機器製造の「双葉電子工業」、製造派遣・請負の「日本マニュファクチャリングサービス」となりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事