不景気.com > 国内リストラ > 日本電気硝子が若狭上中事業場を閉鎖、FPDガラス薄膜

日本電気硝子が若狭上中事業場を閉鎖、FPDガラス薄膜

日本電気硝子が若狭上中事業場を閉鎖、FPDガラス薄膜

東証1部上場のガラスメーカー「日本電気硝子」は、福井県若狭町にある若狭上中事業場を閉鎖すると発表しました。

1991年に操業を開始した同事業場は、フラットパネルディスプレイ用基板ガラスの薄膜加工を手掛けていたものの、顧客の事業撤退が続いたことから2016年6月をもって生産活動を休止し、滋賀の高月事業場へ生産を移管していました。

その後、顧客の製品認定作業が概ね完了したことから、休止状態にある若狭上中事業場の閉鎖を決定したようです。

今後は、設備の撤去および土地・建物の売却を進める予定で、若狭上中事業場の固定資産については、すでに減損損失を計上済みのため連結業績への影響は軽微とのことです。

若狭上中事業場の閉鎖に関するお知らせ:日本電気硝子

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事