不景気.com > 海外リストラ > Jフロントが台湾の雑貨小売「PLAZA」事業から撤退

Jフロントが台湾の雑貨小売「PLAZA」事業から撤退

Jフロントが台湾の雑貨小売「PLAZA」事業から撤退

東証・名証1部上場の「Jフロントリテイリング」は、連結子会社の「JFR PLAZA」(台湾・台北市)を解散し、台湾における雑貨小売のPLAZA事業から撤退すると発表しました。

2012年に設立の同子会社は、日本の雑貨ショップ「PLAZA」の編集力を活かし、台湾にて日本で人気の生活雑貨などの小売を手掛けていたものの、設立から営業赤字が続くなど厳しい環境に陥っており、商品構成の見直しやコスト削減などの各種施策も業績改善には至らず、今後の黒字化は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

今後は、2017年6月をめどに同子会社にて解散を決議し、同年12月をめどに清算が結了する見込みで、この措置に伴い3億4800万円の特別損失を計上する予定です。

海外連結子会社の解散および清算に関するお知らせ:Jフロントリテイリング

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事