不景気.com > 企業不況 > デンタスが「継続企業の前提に関する重要な疑義」を注記

デンタスが「継続企業の前提に関する重要な疑義」を注記

デンタスが「継続企業の前提に関する重要な疑義」を注記

TOKYO PRO Market上場で歯科技工製品製造の「デンタス」は、2017年3月期中間決算短信を訂正し、「継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる」との注記を加えると発表しました。

営業キャッシュ・フローがマイナスである一方、2017年3月期決算において黒字化を見込んでいたことから、訂正前の決算短信においては疑義を注記していなかったものの、その後に監査法人と協議した結果、疑義の注記が必要との判断に至ったようです。

同社は、固定資産の減損損失として6100万円の特別損失を計上することも併せて発表し、2017年3月期連結業績が赤字に陥る見通しとなりました。

継続企業の前提に関する事項の注記についてのお知らせ:デンタス

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事