不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース11/20、倒産が相次いだ1週間

週刊不景気ニュース11/20、倒産が相次いだ1週間

週刊不景気ニュース11/20、倒産が相次いだ1週間

11月14日から20日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産の話題が多い1週間となりました。

破産(準備含む)により倒産したのは、石川の機械部品製造「北陸フジコー」、京都の投資業「アルフレックス」、東京のLED照明施工「エーエイチエヌ」、東京のデジタルコンテンツ管理「ソラシド」、東京のバイクショップ経営「バイクガレーヂスラクストン」、東京のデザイン会社「グレート・ローク・アソシエイツ」、北海道のシステム開発「マスター・マインド・ネットワーク」、沖縄の貿易業「ワールドティエヌティ」、福岡の美術工芸品販売「ジャパンアーツ」となりました。

一方、山形の除染作業「青建工業」と、新潟の割烹料理店「東忠」が事後処理を弁護士に一任し、東京の廃棄物処理「イズミ環境」と愛知のコンタクトレンズ製造「日本コンタクトレンズ」が民事再生法の適用を申請、海外ではアメリカのカジュアルウェア製造販売「アメリカン・アパレル」が破産法第11章を申請しました。

そのほか、赤字業績を発表したのは、証券会社の「トレイダーズホールディングス」、産業機械製造の「郷鉄工所」、ガラス基板加工の「倉元製作所」、貿易商社の「太洋物産」などとなりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事