不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース11/13、倒産やリストラが多い1週間

週刊不景気ニュース11/13、倒産やリストラが多い1週間

週刊不景気ニュース11/13、倒産やリストラが多い1週間

11月7日から13日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。倒産やリストラが多い1週間となりました。

破産(準備含む)により倒産したのは、北海道の寿司店経営「東寿し」、埼玉のスクラップ販売「キノシタ」、東京の美術工芸品販売「トップアート」、東京の映像制作「クロニクル」、群馬の婦人服販売「きようしん」、栃木のパチンコ店経営「千代田産業」、東京の出版社「マガジントップ」となりました。

また、東京の旅行業「ミュゼトラベル」と、兵庫のアルミニウム加工「エヌエー工業」が特別清算の開始決定を受けました。

人員削減では、婦人服販売の「ラピーヌ」で80名、光学機器大手の「ニコン」で1000名、ディスプレイ製造の「ジャパンディスプレイ」で4736名をそれぞれ削減するほか、カーエアコンなど製造の「サンデンホールディングス」の希望退職者募集に196名、工作機械製造の「浜井産業」の早期退職優遇制度に10名がそれぞれ応募しました。

事業撤退などでは、「ニッコンホールディングス」がブラジルの物流事業から撤退、繊維製品大手の「東洋紡」がブラジルの繊維事業から撤退、音楽制作情報誌の「DTMマガジン」が休刊、「住友金属鉱山」がリードフレーム事業から撤退するとそれぞれ発表しました。

そのほか、赤字業績を発表したのは、原油・ガス田掘削の「日本海洋掘削」、半導体商社の「三信電気」、カーエアコンなど製造の「サンデンホールディングス」、工作機械大手の「DMG森精機」、光学機器大手の「ニコン」、ペンタブレット製造大手の「ワコム」、ラジコン機器製造の「双葉電子工業」、居酒屋チェーンの「ワタミ」などとなりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事