不景気.com > 不景気ニュース > フォルクスワーゲンがWRC世界ラリー選手権から撤退

フォルクスワーゲンがWRC世界ラリー選手権から撤退

フォルクスワーゲンがWRC世界ラリー選手権から撤退

ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」は、2016年をもってWRC世界ラリー選手権から撤退すると発表しました。

2013年からWRCに参戦するフォルクスワーゲンは、フランス人ドライバーの「セバスチャン・オジェ」を有し、製造者部門とドライバー部門で、参戦初年度から4連覇を達成するなど圧倒的な強さを見せていました。

しかし、電気自動車など最新技術の開発に多額の費用が必要なことに加え、ディーゼル車における排ガス試験の不正に絡む対策費用も嵩むことから、モータースポーツへの関わり方を見直す必要があると判断し今回の決定に至ったようです。

10月下旬には、同じフォルクスワーゲングループの「アウディ」が、2016年シーズンをもってFIA世界耐久選手権から撤退すると発表したばかりでした。

Volkswagen Motorsport - News - WRC

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事