不景気.com > 海外リストラ > フォルクスワーゲンが2万3000名の人員削減へ、独国内で

フォルクスワーゲンが2万3000名の人員削減へ、独国内で

フォルクスワーゲンが2万3000名の人員削減へ、独国内で

ドイツの大手自動車メーカー「フォルクスワーゲン」は、今後数年間をめどに2万3000名の人員削減を実施すると発表しました。

対象となるのはドイツ国内の従業員で、削減は自然減や早期退職優遇制度により実施する方針です。一方、電気自動車の研究開発を目的として、新たに9000名の新規雇用を見込む予定です。

ディーゼル車の排ガス試験不正により、賠償金など多額の対策費用が必要となることから、徹底的なコスト削減が急務と判断し今回の削減を決定したようです。

なお、ドイツ国外でも人員削減を予定しており、主に北米・南米を含んだ削減数の総数は3万名程度となる見通しです。

Volkswagen concludes pact for greater economic viability and a more secure future

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事