不景気.com > 買収合併 > セガサミーがジョイポリス事業を香港企業へ売却

セガサミーがジョイポリス事業を香港企業へ売却

セガサミーがジョイポリス事業を香港企業へ売却

東証1部上場で遊技機やゲーム事業を手掛ける「セガサミーホールディングス」は、テーマパークの「ジョイポリス」を運営する子会社「セガ・ライブクリエイション」の株式の大部分を売却すると発表しました。

売却先は、「上海ジョイポリス」のライセンスアウト先でもある香港の「チャイナ・アニメーション・グループ」で、同子会社株式の85.1%を売却、セガサミーグループの残りの保有分は14.9%となり、連結対象から除外される見通しです。

セガサミーグループにおける事業の選択と集中の一環として、同事業を「撤退・縮小」に分類、財務体質の改善および資本回転率の向上を目的として今回の決定に至ったようです。

子会社の異動(株式譲渡)に関するお知らせ:セガサミーホールディングス

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事